バナー

平成22年度 「水質事故防止訓練」を開催

〜南部地区〜

開 催 日: 平成22年10月6日(水)13:30〜17:30
開催場所:ダイハツディーゼル(株)守山事業所守山工場様

関係先への協力要請と本部ではホワイトボードに記録

続きはこちらから

中村会長挨拶

今年度は岡山県の谷口商会(株)様を講師に迎え、もし油流出事故が発生したら、どんな対処が必要か、時系列的にどんな資材を使用し、どのように使用するのが効果的か説明いただきました。
油がこぼれた場合、まずしないといけないこと、してはいけないこと、道路にこぼれた場合の吸着材の使用、ロープワーク、オイルフェンスの接続方法etc.・・・、初めて経験される方の多い中での訓練でした。

もし、事業所の構内で、納入業者等の車からガソリンが漏れて流出したらどうされますか?
地中配管が老朽していて、知らないうちに漏えいしているケースもあります。
限られた人員での対処は大変です。
今年は特に水路図を利用して、もし油が流出したら、どの水路に影響があるか確認していただき、
どんなに大変なことになるか実感していただく為に、皆さんに実際に移動いただきました。
併せて、下流の企業に応援を要請し、資材を設置していただき、対処していただくという訓練も試みました。
このネットワークは実際には課題がたくさんあるかもしれません。でも本当は必要なこととして、呼びかけていきたいと思っています。
南部地区での訓練の模様はびわ湖放送のホームページ「くらしセーフティー」でも放映されました。

南部 環境課 小松課長より
「環境リスクへの対応
〜水路マップによるネットワーク体制づくり」

T部 ダイハツディーゼル(株)守山事業所 守山工場 技術開発センターポイント@

池田さんの腕を使って谷口商会様より
ロープの結び方説明

オイルマットの性能検査

ダイハツディーゼル(株)常務取締役事業所長兼工場長 中島様よりご挨拶

U部 ダイハツディーゼル(株)様 屋外での実地訓練 ポイントB

草津市上寺町周辺河川、葉山川

参 加 者:会員54名、県・市環境行政・消防・自治会42名
協力業者8名計 104名
主催:湖南・甲賀環境協会 、滋賀県
共催:草津市、守山市、栗東市、野洲市
独立行政法人水資源機構

南部環境・総合事務所
中西所長よりご挨拶

谷口商会(株)小野氏による
効果的な緊急資材の使用方法

参加者の皆さん

参加者の皆さん

ロープワークの実習
トラロープって滑るから難しい(泣き)
あきらめないで、がんばって!!!

油漏れ発見!!
対策本部を立ち上げ、実働班が整列

緊急資材の効果的な使用方法の説明

喜楽鉱業さんに吸引デモしていただきました。

土嚢の作成

土嚢の積み方