バナー
訓練の会場を受け入れてくださった
ダイハツディーゼル(株)様、王子特殊紙(株)様、遠いところ講師にお越しいただきました谷口商会(株)様、バスを提供いただきました草津市様、会場をお貸しくださいました湖南市様、運営にご協力いただきました、(株)アズマ様、オイルフェンスをご用意くださいました前田工繊(株)様、吸引車をご用意いただきました喜楽鉱業様、岩谷化学様、駐車場をお貸しいただきました、BIYOセンター様、センコー様、進行にご協力いただきました役員の皆様、会員の皆様、各県・市行政の皆様、本当にありがとうございました。

「水質事故防止訓練」開催

主催:湖南・甲賀環境協会、滋賀県

●平成22年10月6日(水)ダイハツディーゼル株式会社守山事業所守山工場様を中心に、 10月15日(金)王子特殊紙株式会社滋賀工場様を中心に水質事故防止訓練を2ヶ所にて開催しました。
湖南・甲賀環境協会会員、県・市環境行政、県農業農村振興事務所、県土木事務所、甲賀健康福祉事務所、企業庁甲賀水道事務所、消防、水資源機構、近隣自治会など延べ210名にご参加いただきました。

●この訓練は昨年に引き続き2回目の開催です。
企業と行政が協働で訓練を行うのは全国的にも例がありませんので、今年度当初の知事の挨拶より、昨年度の訓練を評価いただいたこともあり、今年度は各環境・総合事務所からも職員の参加がありました。

●湖南・甲賀環境協会では、毎年 環境事故の未然防止を目的に、環境事故事例の報告や工場の自主管理方法など研修していますが、設備の老朽化や人員交代による経験不足等により南部管内では年間約40件の環境事故が発生しています。もし油流出事故が発生したらどのように対処し、被害を最小限に抑えるかを目的に訓練を行うこととしました。

●雨降りなど流量が多い日に油流出事故が起こると、、被害拡大のスピードは早く、あっと言う間に琵琶湖に流入し被害が大きくなります。昨年度の訓練から下流域の企業に助けてもらえないか、そういうネットワークづくりができないかという声があり、今回は流域間のネットワークづくりも視野に入れた訓練を行うこととしました。
幸い、平成16年に、協会員に呼び掛けて作成しました水路図が、今年度滋賀県南部環境・総合事務所ならびにびわ湖環境科学研究センターにより電子化していただき、河川のある場所を指定すると、下流域がわかるようになりました。今回は、この水路図を活用した訓練を行いました。

●事故は起こさないように日々工場内で管理していただいていますが、外部納入業者や工事業者による事故も後を絶ちません。この訓練が、環境保全に関する”気づき”の感性アップにつなげていただけることを願っております。

平成22年度環境情報交換会関連事業

開催地区の様子はこちらから

南部地区
甲賀地区

湖南・甲賀環境協会 地区懇部会

南部地区の訓練がびわ湖放送の
「くらしセーフティー」で放映されました。

共催:草津市、守山市、栗東市、野洲市、
湖南市、甲賀市、
独立行政法人水資源機構