バナー

平成21年度 環境情報交換会栗東市地区 開催しました。

開催日:平成22年2月9日(火)
開催場所:南部合同庁舎
参加者:会員 14名、県環境課2名、市環境課2名 計18名

懇談内容抜粋

Q1:公害防止のガイドラインで今後地域への情報の開示とあるがPRTRや化審法以外のものか?
A1:PRTRや化審法は1t以上の場合報告することになっているので、それ以外のものと考えられる。
しかし、地元がパニックにならないように危険性をきちんと説明したうえでの情報公開をしないといけない。

Q2:環境事故が各市にまたがる場合、市の環境課間の連絡はどうなっているのか?
A2:各市にまたがる場合は、連絡し合っている。各市合同で勉強会を開いており、情報の共有している。

Q3:自社の下流は草津市になるが、草津市のどこにどんな企業があるかわからない。水路図に企業名or赤印でマークが欲しい。.
A3:例えば、栗東と草津の二つの地区での情報交換会をすればいいのだが、人数が70名近くになるので難しい。
水路図については総会時に披露するなど、方法を考える。:

Q4:栗東市さんはじめ、市の環境課さんは環境事故被害拡大防止の素晴らしいノウハウを持っていると聞くが教えてほしい。
A4:実際に事故が多いために困っていることから、自家用車にもオイルマットを常時携帯するなど備えている。また、自治会さんにも緊急時対処していただくようにオイルマットを置かせていただいている。

皆さまからの貴重なご意見やご質問等はまとまり次第会員の皆さまへ送付させていただきます。
湖南・甲賀環境協会 事務局 2010.2.18