バナー

平成21年度環境情報交換会関連事業
「水質事故防止訓練」を開催


水質事故防止訓練は4か所で開催しましたが、甲賀市地区が最後になります。運営・進行側も慣れてきてきました。
緊急資材の使用説明と土嚢積みなどの訓練の後、事業所で油が漏えいしたと想定し、本部を立ち上げ、本部長から各班長へ指示が出されます。
参加者の皆さんにも整列いただいたのですが、そのきれいなこと。予め練習したかのよう見事にきれいな整列でした。
甲賀市地区では訓練のわずか数日前にオイルフェンスを張る河川が決定しました。
川幅、水深、水量、川岸からの高さや草の状態等・・・・訓練に安全な河川がなかなか見つからなかったからです。
訓練の河川の見当がつくや否や、市木課長から土木事務所に河川の使用許可を取っていただき、協力業者の谷口商会様に急きょ25m分のオイルフェンスを準備いただき、喜楽鉱業様に吸引車をご準備いただいたり、何より会員の皆様のご協力のお陰で訓練を行うことができました。

開催日:平成21年10月16日(金)13:30〜
開催場所:甲賀合同庁舎 甲賀広域行政組合消防本部、杣川
参加者(甲賀市地区):会員51名、消防・市・県環境行政17名、協力業者9名計77名

〜甲賀市地区〜

中村会長挨拶

滋賀県甲賀環境・総合事務所
川村所長よりご挨拶

T甲賀合同庁舎 会議室 にて

滋賀県甲賀環境・総合事務所
環境課 市木主席参事兼環境課長より
「水質事故時の環境法令とクライシスアセスメントの必要性」

甲賀広域行政組合消防本部
荒川主幹より
「油漏えい事故の予防について」

湖南・甲賀環境協会 池田氏による
「油流出事故に備えて」

U 甲賀広域行政組合消防本部にて

参加者の皆様

前方に本部を設置。 見事な整列

本部長より本部付に緊急連絡を指示しています。

油吸着マットによる吸着実験。
油だけ吸着するタイプと水とともに吸着して繰り返し使用できるタイプがあります。

土嚢の積み方の説明と訓練

水路に土嚢を積む場合

オイルフェンスをくくる杭を打っています。

いよいよオイルフェンスを張っていきます。

杣川での訓練 市木課長による指示

1本目はねじれましたが二本目はうまく張れました。

甲賀広域行政組合消防本部 堂山様に総評をいただきました。

甲賀市地区の「水質事故防止訓練」が甲賀ケーブルネットワーク
3チャンネルで放映されました。
H21.10/24〜10/30のうちの「ウィークリーこうか」内ニュースaa